脱毛症には色々な種類がありますが、女性のほとんどは「びまん性脱毛症」と言われています。

女性用の育毛剤・シャンプーの基礎知識や尾所済め商品をランキング形式で紹介してきます!

女性の脱毛症の種類と原因

脱毛の原因を知り、改善していきましょう。

女性の脱毛にもさまざまな種類と原因があります。

男性の脱毛症と比べると、女性の脱毛症は適切な洗髪・育毛剤などによる頭皮のケアと、食事や生活習慣などの見直しによって比較的改善しやすいと言われています。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症【症状】
びまんとは「一面に広がる」という意味で、男性に多い前頭部の生え際の後退などはなく、頭部全体的に髪の毛が薄くなるという特徴があります。

休止期の毛が多くなるため抜け毛が増え、頭皮が透けて見えるような状態で、女性の薄毛の多くがこの「びまん性脱毛症」であると言われています。

一般的に中年以降の女性に多くみられます。

【原因】
老化、精神的なストレス、ダイエットによる栄養不足、過度・不適切なヘアケアなど。

【改善】
育毛シャンプーと育毛剤で適切な頭皮ケアを行い、生活習慣・食生活を改善しましょう。

産後脱毛症

産後脱毛症【症状】
出産後に一時的に脱毛が多くなる脱毛症で、出産を経験した女性の多くに見られます。通常、時間の経過により回復します。

【原因】
妊娠によって増加した女性ホルモンの影響です。
妊娠中は女性ホルモンによって髪の成長期が長くなり、髪が抜けにくくなります。

出産後にホルモンバランスが元通りになると成長期を終えていた多くの髪が一気に休止期に入るため、一時に抜け毛が増加します。

【改善】
通常は出産後6ヶ月程度で回復しますが、育児ストレスなど別の要因が重なり治りにくくなることもあります。その場合は医師の診断を仰ぎましょう。

円形脱毛症

円形脱毛症【症状】
性別に関係なく発症します。突然まとまって髪が抜け落ち、頭部に1~3センチほどの円ができます。自然と治ることがほとんどです。

【原因】
精神的なストレスが主な原因とみられていますが、はっきりとは分かっていません。
また、アレルギーなどの自己免疫機能により頭髪がダメージを受けた場合にも発症するとも言われています。

【改善】
低刺激のシャンプーなどを使い、心身ともにリラックスすることを心がけましょう。適切な食生活などで免疫機能の回復を図ると治りが早くなるようです。

けん引性脱毛症

【症状】
髪の毛を引っ張り上げることが毛根のダメージにつながり、発症します。

【原因】
少々のけん引では発症しませんが、女性のポニーテールなど、継続して同じ部位の髪を引っ張り続けるような髪型をしていると起こりやすくなります。

【改善】
毛根に負担がかかるような髪型を長期間継続しないようにし、髪型や分け目を定期的に変えるといいでしょう。頭皮のマッサージも効果的です。

ひこう性脱毛症

【症状】
頭皮が乾燥することによって発症。乾燥したフケが毛穴につまり、毛根が炎症を起こして脱毛します。

【原因】
ホルモンバランスの乱れや、洗浄力の強いシャンプーを過度に使用するなど、過剰に頭皮の皮脂をとりすぎることで発症しやすくなります。

【改善】
刺激の弱いシャンプーで優しく洗いましょう。スタイリング剤や薬剤など、頭皮の刺激になるものは避けた方が無難です。

脂漏性脱毛症

【症状】
皮脂が過剰に分泌され、毛穴を塞ぐことで毛根が炎症を起こし脱毛します。頭皮は皮脂でベトベトした状態で、皮脂を取り除いた頭皮は赤く、かゆみもあります。

男性に発症しやすい脱毛症ですが、女性でも発症することがあります。

【原因】
ホルモンバランスの乱れなど。

【改善】
適切なシャンプーで頭皮を清潔に保ちましょう。また、油っこいものを控えるなど、食生活の見直しも大切です。