普段何気なくシャンプーを選んでいる方が多いですが、成分にも気をつかってみましょう。

女性用の育毛剤・シャンプーの基礎知識や尾所済め商品をランキング形式で紹介してきます!

シャンプーの選び方

自分の頭皮に合ったシャンプー選びを!

自分に適したシャンプーを選ぶには、まずは自分の頭皮状態をよくチェックしましょう。

頭皮は、大きく分けて「オイリー」「ノーマル」「ドライ」の3タイプに分類できます。

頭皮を指で触ってみてベタベタしがちであれば「オイリー」、逆にカサカサで潤いが足りない場合は「ドライ」、特に問題がなさそうであれば「ノーマル」と言えます。

一般的な高級アルコール系シャンプーには「ラウリル硫酸ナトリウム」など、肌に刺激を与える可能性がある「表示指定成分」が含まれていることが多いため、脱毛症に悩んでいる場合は使わない方が無難です。

低刺激のアミノ酸系シャンプーにも「オイリー用」などがありますので、洗浄力が強いから・安いからといって安易に高級アルコール系シャンプーを選択しないようにしましょう。

頭皮のケアを考えるのであれば、低刺激で地肌に優しい『アミノ酸系シャンプー』がおすすめです。

シャンプー選びは重要です

シャンプー選びのポイント

最終的には実際に使ってみるしかありませんが、自分に合ったシャンプーを選ぶために、次のような点をチェックするとよいでしょう。

洗浄力

頭皮のベタつきが気になるからといって、強すぎる洗浄力のシャンプーを毎日使っていると、逆に髪の毛や頭皮を傷めることになります。

特にオイリー頭皮でない場合、頭皮の皮脂を落としすぎると逆に分泌が盛んになってベタついてしまうこともあります。

オイリーな場合は洗浄力が強めのアミノ酸系シャンプーか石けん系シャンプーを、そうでない場合はノーマルタイプのアミノ酸系シャンプーを選ぶとよいでしょう。

泡立ち

泡立ちは、汚れを落とす働きと髪を摩擦から守る手助けをする働きがあります。

アミノ酸系シャンプーは低刺激である反面、泡立ちが少ないものもありますので注意しましょう。

PH・成分

髪と同じ弱酸性のシャンプーは刺激が少なめです。

逆に石けん系シャンプーはアルカリ性で、皮膚への刺激も強くなります。
ただ、天然の石鹸成分だけで作られていることがほとんどですから化学物質などの心配がなく、結果的に頭皮への刺激が少なくなります。

シャンプーにどのような成分が含まれているのか(表示指定成分の確認)といった安全性や、精神的な心地よさを与えてくれる香りも重要ですよね。


普段スーパーやドラッグストアで何気なくシャンプーを選んでいる方がほとんどだと思いますが、成分などもチェックしながら選んだり、インターネット通販で安全なシャンプーを購入してみる事をおすすめします。