意外に自己流になってしまっている「洗髪」。正しい洗髪で頭皮の環境を整えましょう。

女性用の育毛剤・シャンプーの基礎知識や尾所済め商品をランキング形式で紹介してきます!

正しい洗髪方法

上手にシャンプー出来ていますか?

意外と間違ったまま自己流になってしまっている事の多い洗髪方法ですが、間違った洗髪をしていると汚れはちゃんと落ちずに残ってしまいますので、もう一度改めてチェックしてみましょう。

【きれいな髪と地肌を保つシャンプーの仕方】

1.ブラシで髪をとかす

もつれた髪をほどくことで、シャンプーの際に指に引っかかることもなくなりますし、頭皮の汚れも浮きやすくなるので汚れが落ちやすくなります。

2.洗髪前のマッサージ

洗髪マッサージで汚れを落としやすくしましょう髪を洗う前に頭皮マッサージをすることで、頭皮の血行がよくなります。

頭部全体を指の腹でぎゅっと押して指圧。また、ポンポンと軽く指の腹でたたいて刺激したり、優しくもみほぐすようにマッサージ。

湯船の中で温まりながらマッサージすると、さらに効果的です。

3.髪を十分濡らす

お湯で十分髪をぬらします。地肌まできちんと濡れるように、指を使ってしっかりとお湯を通します。これで大方の汚れは落ちます。

4.シャンプーする

良く泡立ててシャンプーしましょう手のひらにシャンプー液をとり、よく泡立てます。

髪に直接シャンプーをつけてから泡立てるとキューティクルを傷つける原因になりますし、頭皮にシャンプーが残りやすくなります。

泡立てたシャンプーを後頭部から全体につけ、指の腹でマッサージするように洗っていきます。濡れた髪や地肌は傷つきやすいので、指先や爪は使わないように気を付けてください。

5.洗い流す

すすぎ残しがないようにしっかりと洗い流しましょう意外におろそかにしがちなのが、「洗い流し」です。

せっかく汚れをキレイに落としたとしても、シャンプーや汚れをすすぎ残してしまうと、頭皮トラブルの大きな原因となります。

すすぎ残しがないように、十分すぎると思うほど丁寧にすすぐことを心がけてください。

6.二度洗い

汚れがひどい場合や髪の量が多く一度のシャンプーで汚れが落としきれない場合は二度洗いをしましょう。

その場合も、すすぎ残しがないよう丁寧にすすぐことを心がけましょう。

7.リンス・コンディショナー・トリートメント

必要に応じて、リンス・コンディショナー・トリートメントを使用します。

なるべく頭皮につかないよう注意しましょう。

すすぎ残しはNG!

洗髪のトラブルは、「きちんと洗われていない」よりも「洗ったあとにきちんとすすがれていない」事によって引き起こされるケースがほとんどです。

シャンプーやコンディショナーが頭皮に残ってしまっていると、毛穴が塞がり髪の毛の成長を阻害してしまいます。

さらに頭皮が荒れてしまったりキューティクルが傷付いてしまったりと抜け毛が増える原因となりますので、髪を洗う事以上にすすぐ事に気を遣うようにしましょう。